ジョッキー

3月21日の下総Sを制したのはA・シュタルケ騎手と初めてコンビを組んだグレートチャールズ。昇級初戦ということもあって単勝オッズ16・1倍の人気薄でしたが、上位人気馬をみごとにねじ伏せました。 シュタルケ騎手は12年、13年と2年連続でドイツリーディング1位に輝いているトップジョッキー。短期免許での来日は昨春に…»続きを読む

前回より好成績のA・シュタルケ騎手!

 3月16日の東風Sを制したのは後藤浩輝騎手とシャイニープリンスのコンビ。結果的に前崩れの展開だったことに加え、この馬自身もふだんは好位~中団のポジションにつけるタイプでしたから、4角13番手からの豪快な差し切り勝ちはジョッキーのファインプレイと言っていいでしょう。 13年の後藤浩輝騎手はWIN5対象レースで1…»続きを読む

高回収率を誇る後藤浩輝騎手をマーク

 今週から2回中京がスタート。現時点で中京のWIN5対象レースを最も多く勝っているジョッキーは吉田隼人騎手です。昨年12月8日の尾張Sを単勝1番人気のストレイトガールで、今年1月19日の長篠Sを単勝7番人気のワキノブレイブで制すなど、計4勝をマークしています。 吉田隼騎手はリニューアルオープン(12年)後の中京でこ…»続きを読む

新中京で好成績 吉田隼人騎手に注目

 2月23日の橿原Sを制したのは菱田裕二騎手とハーロンベイのコンビ。テン乗りで単勝3番人気、しかも馬は2連勝中というプレッシャーのかかる状況でしたが、前崩れの展開を冷静に差し切りました。 菱田騎手は12年にデビューしたばかりで、まだ☆マークが取れていない若手ジョッキー。初騎乗から4カ月間は1勝しかできなかった…»続きを読む

若手の注目株!菱田裕二騎手をマーク

 WIN5が2週連続で発売取りやめとなるなど、降雪の影響を大きく受けた1回東京と2回京都がようやく終了し、2回中山と1回阪神がスタートします。 このタイミングで狙ってみたいジョッキーは内田博幸騎手。WIN5対象レースにおける通算成績を見ると、東京が3勝、京都が2勝止まりなのに対し、中山では8勝、阪神では5勝をマーク…»続きを読む

急坂コースが得意 内田博幸騎手に注目!

 C・デムーロ騎手は2月1日から3月5日までの短期免許で来日中。降雪による開催中止の影響を受けましたが、最初の3開催日で5勝と、序盤からまずまずの滑り出しを見せました。 昨年以前のWIN5対象レースでは、計7勝、勝率17.1%と優秀な成績をマーク。通算のクラス別成績を見ても、1600万下から上のクラスでは単勝回収率が1…»続きを読む

全クラスで頼れるC・デムーロ騎手!

 2月2日は松籟S、シルクロードSと京都のWIN5対象レースを岩田康誠騎手が連勝。東京で波乱が起きたこともあり、この日は636万3300円の高額配当決着になりましたが、「京都は岩田に託して東京を厚く買う」という作戦で的中させた方が結構いたのではないかと思います。 岩田騎手のWIN5対象レースにおける通算勝利数は36(2…»続きを読む

通算勝率トップ 岩田康誠騎手に注目!

 今週末から1回小倉がスタート。小倉開催における13年の騎手別勝利数ランキングを見ると、トップは22勝の川田将雅騎手でした。 ただし、22勝のうち21勝は夏の2回小倉でマークしたもの。いわゆる“第3場”だった冬の1回小倉に限ると、トップは松山弘平騎手(10勝)です。 松山騎手は夏の3回中京を除いた中京開催における13…»続きを読む

ローカルで安定感 松山弘平騎手をマーク

 13年末時点で東京のWIN5対象レースを最も多く勝っているジョッキーは岩田康誠騎手(14勝)。全体的に関西所属騎手や外国所属騎手の健闘が目立ちます。 しかし、そんな中で単独2位の座をキープしているのが北村宏司騎手。当然ながら関東所属騎手としてはトップです。 北村宏騎手のWIN5対象レースにおける通算成績(1月1…»続きを読む

東京芝で好成績 北村宏司騎手を狙う

 1月12日のポルックスSを制したのはG・ブノワ騎手とソロルのコンビ。人気3頭による大接戦からクビ差だけ抜け出しました。 ブノワ騎手は昨年2月に初めてJRAの短期免許を取得し、約1カ月にわたって騎乗したものの、64戦3勝と平凡な成績に終わっていたジョッキーです。しかし、年頭から参戦している今年は1月13日終了時点(…»続きを読む

今年は一味違う!G・ブノワ騎手に注目