ブライアンズタイム

当コーナーでは、社台ファームと同じぐらいの頻度で登場する(笑)、ミルファーム。現時点(7月12日終了時)では、今年の2歳馬の出走数は社台グループを抑えて1位。6月20日の2歳未勝利戦では、出走馬12頭のうち6頭がミルファームの生産馬だったことは、マニアの間で話題にもなりました。 そのレースで勝ち上がったシト…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「セリ価格86万円のシトロンに注目!」

ボクにとって、スターホースの思い出は、負けたレースのほうが印象が強いです。 ディープインパクトは凱旋門賞。勝ったレイルリンクからの単勝と馬連で儲けさせてもらいました。ジェンティルドンナが断然人気で敗れた昨年の京都記念は、HPで勝ち馬のデスペラードを指名。単勝は34倍。ま、有馬記念でジェンティルドンナ…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「ラブリーデイが2強の一角を崩す」

秋華賞は「1400メートル勝利実績馬」が走りやすいレースです。昨年の該当馬3頭のうちメイショウマンボが1着、15人気のリラコサージュが3着。一昨年もアロマティコが6人気で3着。11年も7人気のキョウワジャンヌが2着。毎年のように6人気以下の人気薄が馬券になっています。 桜花賞、オークスは直線が長く、コーナーの緩…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「“1400メートル実績馬”が好走する」