女性器の「ワレメ革命」はここまで進んでいた!

 形のいい爆乳だけでなく、アソコも美しいことで男優陣を驚かせたのが綾瀬れん(22)=B92(Hカップ)・W58・H86=である。「体のライン同様にキュッと締まっていて、男を優しく受け入れる膣穴。中に挿れてもいい締めつけ。彼女みたいに美しいくびれを持つ子はアソコも美マンなことが多いですね」(前出・吉野氏) しっ…»続きを読む

秘部がピンクだとオトコは10倍萌える(2)肉づきのよさ=美しい秘部

 水谷院長が語る。「好きではない相手との初体験やレイプなど、不本意な性行為に至った時や、過去の性行為を新たな男性に知られずに接したい場合に受けることが多い手術です。処女膜はペラペラとした薄い粘膜ですから、器械体操のような股を大きく広げるスポーツで破けることもあります。最初の性交で必ずしも出血するわ…»続きを読む

“美しい秘部”はこうして造られる(3)奇跡の名器を造る時代がきた

 公益社団法人日本産科婦人科学会の発表によれば、個人差が大きいものの、閉経の平均年齢は50歳だという。女性器はどう変移するのだろうか。前出・みつゆき院長はこう解説する。「子宮そのものの大きさが小さくなり、膣も萎縮して短くなります。2~3センチほどの大きさがあった卵巣も閉経前と比べてやや小さくなり、卵管…»続きを読む

“女性秘部の一生”はかくもはかない(2)どのように一生を終えるのか

 10万人を超えたと言われるAV女優で最も美しい女性器は誰か? その“お宝”はモザイクの奥にあるがゆえ、永遠に知ることはできない。人気女優たちの秘部と生身で接する男優たちが選ぶ“究極の美マン”とは──。 今回の推薦者は、ベロキスと最新体位「ヨシムラ」でおなじみの吉村卓(43)、アームレスリング仕込みのパワフル…»続きを読む

秘部がピンクだとオトコは10倍萌える(1)AV男優が教える“お宝”の見分け方

 アソコの整形を希望する女性が激増している。これまでは老いるがままにされていたが、医療技術の進化は秘部にもアンチエイジングの光を当て、今では数万人に1人と言われる名器でさえも造り出すという。劇的に変化した「オンナ」の下半身を取り巻く環境を徹底紹介する。  近年“秘部”を整形する女性が増え…»続きを読む

“美しい秘部”はこうして造られる(1)秘部改造女子が急増中

 ある30代の女性は小陰唇の手術を受けた感想をこう語る。「幼い頃、姉とお風呂に入った時に『アソコから変なモノが出てる!』と笑われて以来、ずっとコンプレックスでした。これでやっと堂々と温泉に入れます」 ビラビラの肥大や左右差、色素沈着の症状を持つ女性は性経験が豊富だと誤解されがちである。こうした症状と…»続きを読む

“美しい秘部”はこうして造られる(2)女性は若く美しく見えるポイントの整形を求める

 生物である以上、必ず老いは来る。女性器もまた年々確実に衰えていくという。時間が性器をむしばむ様を部位別に解説する。 「女房と畳は新しいほうがいい」  こんなことわざが現代でも生きている。多くの男性はなぜ「若い」女性器に向かうのか──。理由の一端には“青い性器”の魅力的な姿があるようだ…»続きを読む

“女性秘部の一生”はかくもはかない(1)年齢によって変化する「中と外」