週刊アサヒ芸能 2013年 10(10ページ)

 すっかり高まった嘉門に対して、男はいよいよ屹立したイチモツを濡れそぼった花園に挿入する。  正常位の体勢で深々と男とつながると、激しい腰遣いに嘉門の乳房もぷるるんと波打ち、視覚的にもますます欲情を催してくる。こうなると男に主導権を預け、かたくなに固執し続けていたスマホを手放し、男の体にすがりつ…»続きを読む

嘉門洋子「初AVナマ中継」(2)我を忘れてオンナの大輪を咲かせる

 早くも秋競馬第1弾となるGI・スプリンターズS。  やはり中心はロードカナロアでしょう。前哨戦でハクサンムーンに敗れたとはいえ、休み明けで斤量が58キロ。もともと一度叩かれてよくなるタイプですし、休養明けはどうしても反応がモタモタしてしまう傾向がある馬。  もちろん、岩田騎手もその点を踏まえて前々…»続きを読む

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンの舞台裏届けます!「本番で変わり身ロードカナロア◎」

 今週は秋GIシリーズの開幕を告げる「スプリンターズS」が中山で行われる。断然の人気を集めるのは、昨年、このレースからGI戦4連勝中のロードカナロア。前哨戦は惜敗したものの、本番はきっちりと決める!?  当代随一、最強スプリンターの名をほしいままにするロードカナロアの連覇なるかがこのレースの焦点と言っ…»続きを読む

[水戸正晴の競馬予想ブログ]サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「内枠ならロードカナロアも危ない」

 災害とは無縁と思っていた滋賀県栗東市を台風18号が襲った。「大雨特別警報」ってほどでもないだろうとタカをくくっていたのだが、トレセンから数キロという至近距離で山が崩れ、土砂に埋まった民家の中で71歳の女性が犠牲になった。  阪神競馬場の周辺は何事もなかったそうだが、栗東からの道路が完全にストップし…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「上積み大ロードカナロア首位固定」

 今週から秋のGIシリーズがスタート。全体的に出走頭数が増える時期ですし、WIN5も楽しみです。  WIN【4】のポートアイランドSはコース適性が大きなポイント。07年以降の優勝馬6頭は、いずれも阪神芝1400~1800メートルのレースを出走メンバー中3位以内の上がり3ハロンタイムをマークしながら優勝した経験のある馬で…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「素直にロードカナロア1頭勝負!」

 9月17日の仲秋Sを制したのは岩田康誠騎手とノーブルジュエリーのコンビ。5歳牝馬、しかも前走までの通算成績が3勝2着7回という勝ち切れないタイプで、懐疑的に見ていた穴党も多かったと思うのですが、効率的なコース取りでキッチリ差し切りました。 WIN5対象レースにおけるジョッキー別の通算成績(9月17日終了時点)を…»続きを読む

スランプ脱出! 岩田康誠騎手に注目

 長らく「馬場が固い」「時計が速い」と、一部の競馬御意見番、批評好きのファンから非難を浴びてきたJRAですが、最近は意図的に「時計がかかる馬場」「柔らかい馬場」を作り上げています。  最近のJRAは、開催の数週前にバーチドレインといった畑を耕す機械をコースに入れ、馬場を柔らかくする作業を一部の競馬場で…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「サクラゴスペルがおもしろい!」

 9月26日【木】~30日【月】の「戸田一般戦」は6人のA1級が毎日2回乗りで第1Rから第12Rに登場し、B級5人と予選を戦うユニークなシリーズである。本命バトル祭と名付けられ、どのレースも人気は必ずたった1人のA1級に集中する。  だが、昨年11月に行われた同じシリーズで意外なことが起きた。地元埼玉の伏兵・堂原洋史…»続きを読む

疾風!ボートレース「“本命バトル祭”で堂原洋史選手が再び快進撃」

 追い込み型のポジションは、先行の番手にジカ付けするのが理想だが、3番手でも力を発揮する選手がいる。「青森記念」(9月28日【土】~10月1日【火】)に出走予定のS級S班は、長塚智広、岡田征陽、佐藤友和、深谷知広の4人。この4人とも動ける選手だが、さらにS1勢からは、先日行われた「京王閣オールスター」のファイナ…»続きを読む

山口健治の“江戸”鷹の目診断「青森記念」