週刊アサヒ芸能 2013年 10(4ページ)

 京都大賞典で単勝120円のゴールドシップが見せ場もなく負けた。「向こう正面から坂の上り下りがあって直線は平坦な京都だから、少しでも楽な位置につけたかった」と、テンから手綱を押してポジションを取りに行った乗り方を「失敗だったかな」と素直に反省したのは内田博騎手。乗っているほうは必ずしも楽勝とは思ってい…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「フルーキーにも勝負気配!」

 今週は序盤に波乱を期待できそうなレースがそろった印象。出走メンバーや枠順によりますが、できるだけ手広く構えて終盤に望みをつなげたいところです。  WIN【4】のブラジルCは基本的に堅く収まりがち。オープン特別となった08年以降の優勝馬は、いずれも単勝3番人気以内の支持を集めていました。また、若い馬は、…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「菊は前走“上がり優秀馬”に注目」

 凱旋門賞で日本馬が負けたからこそ、あえて言わせてもらいます。凱旋門賞はちょっとのくふうとJRAのお膳立てさえあれば、今後、日本の馬が何度でも勝てるレースです。凱旋門賞は世界最強馬決定戦ではありません。あらためて言うまでもないことですが、凱旋門賞が世界最強馬決定戦であるならば、なぜ勝ち馬がジャパンカッ…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「凱旋門賞なんて何度でも勝てる」

後閑が2段駆けから突き抜ける 現役選手が弟子を育てるのは、競輪界のスタンダードでもある。「千葉記念」(10月17日【木】~20日【日】)に出走予定のS級S班は、村上義弘、岡田征陽、佐藤友和、山崎芳仁の4人。立川ダービーを勝った村上義に加えて、S1から平原康多(松山全日本選抜)、金子貴志(弥彦寛仁親王牌)、後閑…»続きを読む

山口健治の“江戸”鷹の目診断「千葉記念」

 10月15日【火】~20日【日】の「全日本選手権」は平和島で行われるが、地元東京の中野次郎は、この平和島で過去3年間に67走して1着なんと39本、2着12本。1着率58.2%、2連対率76.1%の航跡を残してきた。  そこには記憶に残るレースも多く、少し紹介してみると、まず1つ目は昨年4月6日周年ドリーム。あの時、平和島…»続きを読む

疾風!ボートレース「一昨年のリベンジ 中野が強さを証明」

 1週の休止を挟み、今週から3回新潟が再開。来週をもって年内の新潟開催が全て終了します。現時点における13年の「新潟リーディング」は15勝をマークしている田辺裕信騎手。次位の戸崎圭太騎手や福永祐一騎手が11勝止まりですから、断然のトップと言っていいでしょう。3場開催時の新潟に参戦する頻度を考えると、逆転でき…»続きを読む

新潟ラスト2週 田辺裕信騎手がスパート!!

 週刊文春が「CHAGE and ASKA」のASKA(55)の薬物疑惑を報じて約2カ月。ようやく本人が公に薬物疑惑を否定した。が、かつて出版した自叙伝を見ると“弁明”に首をかしげざるをえない。  文春ではASKAは深刻な薬物中毒状態なうえ、暴力団組員に薬物吸引の現場を収録された映像で脅迫されていたと報じられた…»続きを読む

ASKA「薬物疑惑否定も払拭できない『ヤクザ交遊』告白本」

 Fカップの現役グラドル・みづきあかり(26)は、なぜか「潜入」がお得意。「下衆」をウリにするには、もったいない美貌なのに、変態たちのたまり場とけたことも‥‥。  なぜかアングラなスポットが大好きなんですよ。これまで仕事もプライベートも含め、変態パブやらいろんなところに行きました。そうそう、レベルの低…»続きを読む

“Fカップアイドル”みづきあかりの混浴変態サークル潜入レポート!

 11月9日公開予定の映画「TAP 完全なる飼育」(セディックインターナショナル、電通)の中盤、坑山の愛人でいる一方で美容サロンを経営する早苗(有森)は、気の弱そうな女性客にローンを組ませ、高価な商品を買わせる。その晩、月明かりの差し込む寝室で有森は坑山と正常位で交わる。 「はあ、はあ、はあん」  と…»続きを読む

有森也実「清純派女優が魅せる“絶頂妖艶濡れ場”」(2)立ちバックの後は男に「乳首責め」

 絶頂へつながる「愛のカタチ」を、日常のさまざまな情景から感じるシリーズ☆  秋祭りの季節、近所から太鼓の音やおみこしを引く声がしてきます。神社には金魚すくいをしている子供。「よおし、私もすくっちゃお」と腕まくりした瞬間、とある(エロい)情景が電撃的に頭に浮かんでしまいました。何でこんな時に、あん…»続きを読む

人気若熟女、川上ゆうの「日常に潜む愛のカ・タ・チ」☆旅行先で楽しむポイント♪