1(2ページ)

12月17日のWIN3ディセンバーSは、実績と距離適性を素直に評価したい一戦。中山芝・内1800メートルで施行された14年を含め、同年にJRA、かつ今回と同じ距離の重賞かオープン特別で5着以内となった経験がない馬は14年以降〈0 0 0 16〉と苦戦していました。なお、14年以降の3着以内馬9頭は、いずれも前走9番人気以内で、…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「Dプレミアム1頭勝負の手もあり」

現在のコースで行われるようになった朝日杯FSは、7番人気以下で馬券になった馬が4頭います。16年7番人気2着モンドキャンノ、12番人気3着ボンセルヴィーソ、15年11番人気3着シャドウアプローチ、14年14番人気2着アルマワイオリ。 この4頭のうち、3頭の父は芝1400メートル以下の賞金比率、勝ち星比率が高い「スプリント指…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「穴を出すのは『スプリンター血統』」

年末になると、馬主クラブのパーティーがあちこちで行われ、声をかけていただけた際は可能なかぎり参加し、関係者や会員様との会話を楽しんでいます。 その際、必ずと言っていいほど「テレビで見るよりステキですね」とか、「テレビより実物のほうが若いですね」と声をかけていただき、いまだかつてその逆バージョンは…»続きを読む

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「女性馬主から「キレイよ」と絶賛の嵐 …

ここ3年ほど、サラブレッドのセリがかつてないほどの好景気に沸いている。 ブランド品が集結したセレクトセールが高値で推移するのはわかるところだが、ランクが下がる市場でもその流れは変わらない。開催するたびに売り上げ新記録がマークされるのだから、馬産地はバブル景気に浮き足立っているようにも見える。庭先で…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「馬券的にも妙味ベルーガ中心」

今週末12月10日の2重賞は好走馬の傾向が特にはっきりしているレースです。 WIN3のカペラSは距離適性がポイント。同年にJRA、かつ1400メートルのレースで5着以内となった経験がない馬は、10年以降〈0 2 1 56〉と勝ち切れていません。1200メートルのレースがピッタリというタイプではなく、1ハロン長い距離も問題なく…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「千六以上での優勝経験が重要!」

今年の阪神JFで注目はオルフェーヴル産駒。阪神JFは、オルフェーヴルの父ステイゴールド産駒が走りやすいレースでした。 13年はステイゴールド産駒のレッドリヴェールが単勝1460円で1着。断然人気のディープインパクト産駒、ハープスターを負かしました。14年は同種牡馬の産駒がココロノアイ1頭で3着。15年も同種牡馬の…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「オルフェ産駒の初GⅠ制覇ある!」

私も来年で43歳。肩凝りに冷え性、育児の際に痛めた手首が寒さとともにぶり返す‥‥。 このままでは引きこもりの老後人生となってしまいそうで怖くなり、知人のMちゃんとホットヨガに入会。11月から週1回のペースで1時間のヨガに通っているのですが、一つある問題が‥‥。 恥ずかしくて声を大にして言えないのですが、オ…»続きを読む

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「ホットヨガでオマタからあの音が!『…

ジャパンカップに外国の有力馬が来なくなった理由は、「勝てそうにないから」だという。創設から37年。日本馬のレベルは確かに上がり、検疫期間の長さというアウェーの不利も考えると、勝算を持って来日できる馬がいなくなった理屈もわかる。勝った時の種牡馬価値の大幅アップがないと、これからも一流馬の誘致は難しいの…»続きを読む

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「サウンドトゥルー妙味十分」

今週から開催替わり。5回中山、4回中京、5回阪神が開幕します。 12月3日のWIN3はオープン特別のラピスラズリS。14年以降の傾向を見ると、前年以降にJRAの重賞かオープン特別で優勝経験がある馬は〈2 3 2 11〉、同じく前年以降に中山芝・外1200メートル、かつ1600万下から上のクラスのレースで優勝経験がある馬は〈1…»続きを読む

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の6億円馬券研究所「ケイティブレイブの前走内容を評価」

地方交流ダート重賞は、高齢の牡馬が走りやすいレース。優先出走権が老馬に優遇されやすいルールだけではありません。交流ダート重賞で必要な経験や、パワー系筋肉の蓄積も高齢馬のほうが優位に立ちやすいのです。 ただし、中央コースで行われるチャンピオンズCは交流重賞で強い馬が次々と凡走するレース。なぜなら、競…»続きを読む

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正「プロフェッショナル血統塾」「内枠ならノンコノユメを狙う」