[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「エアソミュールの勢いを重視」

ギャンブル

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「エアソミュールの勢いを重視」

2013/12/26

[伊吹雅也の競馬予想ブログ]伊吹雅也の2億円馬券研究所「エアソミュールの勢いを重視」

 14年のWIN5は“金杯デー”の1月5日【日】からスタート。年明けの1回中山や1回京都は重賞以外の特別も施行条件があまり変わらないので、レース傾向の分析を予想の出発点としている私にとっては勝負をかけやすい時期です。

 WIN【4】は中山金杯。07年以降の優勝馬7頭はいずれも単勝オッズが10倍未満でした。近年は前走好走馬が優勢なので、ハンデキャップ競走らしい波乱を期待するのは得策でないと思います。ちなみに、前走1着馬は〈3-1-2-11〉、前年の秋季競馬、かつ芝1800~2000メートルのJRA重賞で3着以内となった経験がある馬は〈5-3-2-10〉と、それぞれより堅実です。

 早くから出走を表明していた馬の中ではエアソミュールが楽しみ。前走がディセンバーSだった馬は07年以降〈0-2-1-16〉と苦戦しているものの、今年は前述の条件を満たす馬があまりいないので、勢いを素直に重視すべきでしょう。福島記念で小差4着に食い込んだディサイファも、前走好走馬に準ずる存在として重く扱うべきだと思います。

 WIN【5】は京都金杯。09年以降は前年芝1600メートルのJRA重賞で3着以内となった経験のある馬、同じく前年に芝1600メートルのオープン特別で優勝経験のある馬が好走例の大半を占めていました。どちらも満たさなかった馬は〈0-2-2-44〉ですから、思い切って評価を下げたいところです。

 いちおうの中心はサンレイレーザー。前述の条件をクリアし、かつ前走の4角を6番手以内で通過した馬は08年以降〈4-2-3-11〉と安定しています。12年の当レース優勝馬マイネルラクリマ、京都芝外回りが合っているシャイニープリンスも有力。あとは枠順別成績を加味してしぼり込むべきでしょう。

◆プロフィール 伊吹雅也(いぶき・まさや) 「JRAホームページ」ほか、さまざまなメディアに活躍の場を広げている新進気鋭の競馬評論家。最新刊「ウルトラ回収率2014-2015」(ガイドワークス)が好評発売中。