[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「私の宿命は『シモネタ普及活家』今後は『シモジュン』でいこうかな!?」

ギャンブル

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「私の宿命は『シモネタ普及活家』今後は『シモジュン』でいこうかな!?」

2018/06/29

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「私の宿命は『シモネタ普及活家』今後は『シモジュン』でいこうかな!?」

最近、人には星(宿命)があるのかなと感じます。例えば仕事。個人のさまざまな思いはあるにしろ、最終的には数ある職業にも偏らず、人々が分散され、だからこそ、世の中が回る。

なぜこんな話をするのかというと、つい先日、某有名馬主さんの息子さん(40歳前後?)が部屋に入って来た瞬間、私には「王子様」としか見えなかった。

その立ち居振る舞い、トークなど、時間を過ごすほどさらに王子を感じ、最後には着ている服の奥に「リボンの騎士」のような格好が透けて見えるほど。

世の中には、こんなステキなお方がいるのね〜と思っていると、四柱推命に詳しいオーナー夫人が「あの方はキング。一国の王」と教えてくださったのです。〈あ〜やはり〉と思いながら翌日、某番組の収録に向かうと、その現場で私が普通に発する言葉の一つ一つが「シモネタ」と勘違いされ、爆笑やツッコミ‥‥。

例えば、馬に乗るのが好きな人だから「乗りたがりですもんネ」と表現すると「ヤリたがり」と変換されてしまい、「感じないとダメ」は、あたかもベッド上のようなニュアンスに。

極め付きは、年下の超カワイイ男子からのLINE。「朝ごはん、作りました」と目玉焼きとウインナーの写真が添付されていたのですが、ウインナーの位置が黄身と黄身の間‥‥。

悟りました。私の宿命は「シモネタ普及活動家」だと。これからは「ホソジュン」改め、「シモジュン」でいこうかしら‥‥ナンチッテ。

さてCBC賞は、これまで強い相手と戦ってきたダイメイフジに期待します。ホソジュンでしたぁ。