[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「人間関係を円滑にできるところがスゴい 今になって「しんちゃん」をリスペクト!」

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「人間関係を円滑にできるところがスゴい 今になって「しんちゃん」をリスペクト!」

2018/07/20

[ホソジュン(細江純子)の競馬予想ブログ]ホソジュンのアソコだけの話「人間関係を円滑にできるところがスゴい 今になって「しんちゃん」をリスペクト!」

最近、とてつもなく賢さを感じる人物といえば、しんちゃん。「おい、しんちゃんって誰だよ」と、読者の方からのツッコミが聞こえてきそうですが、しんちゃんとはアニメ「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ。4歳の息子は、朝起きてすぐタブレットで「クレヨンしんちゃん」を見るのが日課なのですが、横から聞こえるしんちゃんの会話がおもしろくて、私のほうが大声で笑ってしまう。

と同時に、なぜ自分はこれまで「クレヨンしんちゃん」を見てこなかったのだろうか、と後悔の念に駆られる。というのも、しんちゃんほど、人間関係を円滑にできる人物はいないと感じるから。そして、4歳の息子はすでに、そのイロハを習得中なのです。

例えば、コンビニに入るやいなや、自分の好きな品物を一人で探し、その商品を手に「タイちゃんの美しいママはどこですか?」と店内を歩き回る‥‥。

また、私が息子を怒った時には「タイちゃんのこと嫌いになったの?」から始まり、「嫌いにならないで〜」「捨てないで〜」と。

そして最後は「ゴミ収集車に行ってくる」と、泣きマネをしながら玄関へと歩き出す。その小芝居ぶりのおもしろさに、気づけば二人で笑ってしまい、極め付きは「そう、タイちゃんが笑ったら、ママも笑うんだよ」と、4歳の子供に諭されてしまう‥‥。

あ〜、そのうち競馬予想のダメ出し&指導を息子から受けそう。なんとか、そこだけは威厳を保たねば!

函館2歳Sは、岩田騎手とのコンビで新馬戦を制したナンヨーイザヨイとスズカカナロアの馬連&ワイドの1点ずつで勝負します。