長岡の人妻デリヘル店

長岡エリアのタウン情報長岡エリアのタウン情報

新潟県のほぼ中央に位置する長岡。冬は世界的にも有数の豪雪地帯となっており、毎年1・5?2mの積雪がある。
市役所が、複合型ビル「アオーレ長岡」に移転し活性化している一方で、駅前は中越地方唯一の百貨店「大和長岡店」などが閉鎖。個人商店も閉店が続き、空洞化の様相を見せている。対照的に、駅から離れた場所にある大型ショッピングセンター「リバーサイド千秋」や、シネマコンプレックス「Tジョイ長岡」は連日多くの客で賑わっている。
花火が盛んなことで知られ、毎年8月に行われる「長岡まつり」は「日本三大花火大会」のひとつとされている。合計約2万発が打ち上がる様や、長岡花火の名物「フェニックス」と「正三尺玉」は圧巻のひとこと。
休日は「国営越後丘陵公園」がオススメ。スキーやスノボ、スノーシューコースなど自由に遊べ、フィールドミュージアムで体験したり、美しい自然の景色を眺める場所もある。夜は園内をきらびやかに彩るイルミネーションを見て、絆を深めるカップル続出なんだとか。
長岡の名物といえば、「フレンド」の「イタリアン」と、「洋風カツ丼」だ。どちらも地元民以外は馴染みのない食べ物だが、地元民の間ではソウルフードとして根付いている。
歓楽街は長岡駅周辺の一画にある「花の町通り」だ。スナックやパブ、バーが所狭しと密集しており、その中には風俗店も。その風情は歩くだけで楽しめるはず。
かつては「長岡遊郭」があったが、現在は住宅地に生まれ変わり、遊郭へ向かう風情たっぷりの橋「霞橋」と、跡地にはお稲荷様があるのみだ。