[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ソウルSが4連勝を飾る!」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ソウルSが4連勝を飾る!」

2017/03/02

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ソウルSが4連勝を飾る!」

今年の栗東は例年になく雪がよく降った。その量はさほどではなくても、決まって夜半から早朝にかけての降雪だっただけに、調教馬場の管理は非常に難しかったと思われる。いわゆる「午後乗り」(調教時間を遅らせること)が一度もなかったのは、夜を徹して、人海戦術で除雪作業を行った裏方さんたちの努力のたまもの。ファンの目が届かないところで、JRAも意外に(失礼!)頑張っているという話も、たまにはご紹介。

先週も雪がちらついていただけに、桜花賞の足音が大きく近づいてきた実感が薄いのだが、チューリップ賞とくれば、もう秒読み。あと、来週のアネモネSとフィリーズレビューが終われば、クラシック初戦の輪郭がハッキリと見えてくることだろう。

その中でもチューリップ賞は、最も重要なポジションに置かれているトライアル。本番と同じ阪神の芝1600メートルを試走して、中4週という理想的な間隔があれば、使ったあとの上昇も見込める。今年も上質な馬たちが集まった。

中心は、3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制し、2歳牝馬チャンピオンに輝いたソウルスターリング。3戦の内容はまさにパーフェクトで、父フランケルの名声をさらに高めるものだった。レースがうまい馬だけに、久々でも崩れるイメージが浮かんでこない。4連勝なら本番も1倍台の単勝オッズになるだろうし、その可能性は高い。

対抗馬の筆頭は、武豊騎手騎乗のリスグラシュー。1週前の追い切りの手応えは上々だったようで、「相手が強いことはよくわかっていますが、この馬も強くなっています。逆転への足がかりをつかみたい」と、相当に前向きなコメントが出てきた。4戦2勝で、上がり最速を計示したのが3回。残りの1回も2番目に速い上がり時計をマークしている切れ者だけに、ソウルスターリングに並ぶところまで行ければ、逆転もあるという計算が成り立つ。

ミリッサも切れ味自慢。エルフィンSはキャリア不足を露呈して3着に敗退したが、33秒ソコソコの脚はいつでも使える。

レーヌミノルは、無欲の先行勝負。後方で牽制し合う形なら漁夫の利がありそうで、このタイプはイメージ以上に粘りがある。穴が出るならこの馬絡みの展開馬券か。