[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ソウルスターリングで不動」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ソウルスターリングで不動」

2017/04/06

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「ソウルスターリングで不動」

2歳女王ソウルスターリングが、最有力トライアルのチューリップ賞を快勝。内容的にも、つけいるスキを探すことさえ許さない完璧な強さだった。

この時点で桜花賞馬はこの馬で決まり、と断言してもよかったのだが、今年はファンディーナという不気味な馬がいた。結果、ファンディーナはフラワーカップを圧勝して3戦全勝。その全てがブッチギリというすごい内容を残したのだが、それが皐月賞へという発表。1周回って、結局はソウルスターリングで不動という風向きに落ち着いたわけだ。

ファンディーナの動向については来週の皐月賞の予想で触れるとして、桜花賞に関しては、穴狙いは無謀。確かに今年の3歳牝馬は全体的にハイレベルだが、その中でもソウルスターリングの完成度の高さは断然だ。

当初は怪物フランケルの初年度産駒として話題を集めたが、母もフランスオークスなどGⅠを6勝もした超名馬。それでも絶対に走る保証はないのが競走馬の血統の難しさなのだが、ケチのつけようのない4戦4勝を見れば、重箱の隅をつつく必要はまったくない。

種付け料だけでも税込み3000万円もするのに、最上級の牝馬から生まれたこの馬の募集価格は破格の6000万円。40人の出資者の皆さんは笑いが止まらないはずだ。

気の毒なのは2着争いをしなければいけない馬たちだ。例年なら優にGⅠレベルなのが、フィリーズレビューでいい勝ち方をしたカラクレナイと、切れ味抜群の末脚でクイーンカップまで3連勝のアドマイヤミヤビ。アネモネ賞を豪快にまくったライジングリーズンも、これまでは結びつかないトライアルとはいえ、この馬は少し違うのではないかとも思えるのだ。

他にも、どんな相手にも食いついてくるアエロリットや、もう1頭のフランケル産駒ミスエルテ。前走で少し底が見えてしまったリスグラシューも上位争いは可能だろうし、逃げても差しても崩れないレーヌミノルも見捨てられない。

頭を決めても、少ない点数でしとめるのは難しいレースなわけで、ということは本命サイドでも配当は意外につく。相手を4頭ぐらいにしぼって、3連単流しでいくつもりだ。