【一杯酒場】 東京・中野「大衆酒場 コグマヤ」

男のグルメ

【一杯酒場】 東京・中野「大衆酒場 コグマヤ」

2017/06/01

【一杯酒場】 東京・中野「大衆酒場 コグマヤ」

黒々とした継ぎ足しダレの中にインパクト大な豆腐とモツ串


昨年、中野にオープンするやいなや話題を集め、一気に大人気店になってしまった小さな居酒屋「コグマヤ」。可愛らしいクマのイラストが描かれた看板を頼りにに2階へと上がると、カウンターを中心とした、由緒正しき雰囲気の大衆酒場が広がっている。

名物は「串煮込み各種」で、黒々とした継ぎ足しダレを満たした大鍋に、ホルモンやタンなどのモツ串が、グツグツと注文の時を待つ。名古屋の「どて煮」や関東風煮込みのいいとこ取りをしたオリジナルな味わいは、昨年オープンとは信じられない深みで、しかも日々進化中というから末恐ろしい。

串にも増してインパクト大なのが、同じ鍋で煮込まれた「豆腐」。秘伝のタレが染み込み、隅々まで真っ黒に染まったその姿は、どんな老舗にも負けない貫禄すら漂っている。

もうひとつ、じっくりと低温調理した「肉刺し」がまた絶品。レバネギ、ハツ、ユッケ、ガツぽん、それぞれに研究し尽くされた火の通し加減と絶妙な味付けは、もはや記憶に遠くなりはじめた肉刺し文化を思い起こさせてくれる。

この他、駄菓子的な味わいで何本も食べられる「味噌カツ」や、海鮮系、一品料理、日替わりなど、どれもハイクオリティでリーズナブル。人気の出ない理由がない、新しい名店の誕生だ。

大衆酒場 コグマヤ
住所:東京都中野区中野3-36-4 深野ビル2F
電話:03-6304-8655
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:00)
定休日:無休