[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「シャイニングレイを信頼!」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「シャイニングレイを信頼!」

2017/06/29

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「シャイニングレイを信頼!」

時計がかかるはずと思い込んでいた函館競馬が、開幕週から5本ものレコードが連発される超高速馬場だったのだから驚く。脚にまとわりつくと言われる洋芝でも、その丈を短く刈りそろえれば、派手な時計が出る馬場に作り替えられるものであることを思い知らされた。

最下級条件のレースでレコードが出るのだから、馬場造園の技術の向上は恐ろしいほど。しかし、それならそれで今週の推定タイムといったものをあらかじめ発表してくれてもいいだろう。自然現象以外の理由でファンの馬券が翻弄されるのは、いいことであるはずがない。

中京は、このCBC賞が開幕の重賞。北海道の洋芝と違って、こちらはただでさえ軽くて走りやすい野芝だ。しばらく使っていなかった緑のジュウタンなら、間違いなく高速馬場だろう。この予想は、よほどの大雨が降らないかぎり外れないと信じる。

そう考えれば、クラシック候補とも言われたシャイニングレイの出番。形の上では昇級でいきなりの重賞という厳しい舞台設定だが、弥生賞で1番人気に支持されたほどの素質馬。屈腱炎で長い休みを余儀なくされたが、前走の安土城Sで完全復調をアピールした今、弥生賞前まで巻き戻して全幅の信頼を置いて馬券を買いたい。

メラグラーナも、見直すべき素材。高松宮記念で3番人気を大きく裏切ったが、これは時計がかかる馬場に持ち味を消された結果。高速馬場前提なら、巻き返して当然だ。

ティーハーフは、近走突き抜けきれていないが、この馬らしい末脚は毎回使っている。持ち時計もこのメンバーなら上位で、掲示板は確実か。

差し馬が多いだけに、展開的に恵まれそうなのはエイシンスパルタン。何としても内枠が欲しいところで、その条件がかなえば意外なマイペースの逃げもありえる。好走のためには、シャイニングレイより内枠を引くことが絶対条件。

メイソンジュニアも前残り希望。トーセンデュークはムラ駆け傾向だが、前々走の時計なら通用する。ラインスピリットも、オーナーの地元だけに割り増しで考えるべき。