[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「アクティブミノルが逃げ切る」

ギャンブル

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「アクティブミノルが逃げ切る」

2017/09/07

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「アクティブミノルが逃げ切る」

9月10日は、フランスでサトノダイヤモンド、サトノノブレスが出走するフォア賞(凱旋門賞と同じコース、同じ距離で行われる重要な前哨戦)が開催され、韓国のソウル競馬場では、クリソライト、ロンドンタウンが出走するコリアカップ(ダート1800メートル)もある。

武豊騎手は、クリソライトの騎乗で自身初となる韓国遠征。国際的なGⅠ格付けには至っていないが、1着賞金は日本円で5000万円以上と高額で、アメリカからの出走馬もいる。フォア賞とともに注目のレースだ。

ただし、前日の9日は北朝鮮の建国記念日。昨年はこれに合わせて核実験も行われていると聞けば、「ちょっと気持ち悪いですよね」と、さすがに及び腰にもなる。

土曜日は阪神で最終レースまで騎乗して、それから渡韓する予定だそうで、無事と健闘を祈るしかない。平和でなければ成り立たないのが競馬だ。

さて、阪神のメインはセントウルS。ビッグアーサー、シャイニングレイといった主役候補が回避してしまい、これがそのままスプリンターズSに結びつくとは思えない混戦メンバーとなった。

となれば、過去4年で3回逃げ切りが決まっているレース傾向が大きな手がかりとなるはず。そうでなくても、開催初週は内ラチ沿いを走れる先行勢が有利なのは常識だ。

1200メートルの重賞を使う馬だけに、誰もがスピード自慢だが、中でもアクティブミノルの速さは目立つ。北九州記念で粘りを欠いたが、だからこそ狙い目。人気が下がった逃げ馬は喜んで買うべきだ。

フィドゥーシアも速いが、こちらは2戦続けて新潟の直線芝1000メートルを使ってきているのがどうか。周回コースでは多少の割り引きが必要と見た。押さえに。

差し馬の中では、ダンスディレクターの切れ味がピカイチ。馬込みを割ってこれる追い込み馬だけに、必要なのは内枠。外枠の時は割り引いて考えていい。

ファインニードルは、重賞初挑戦の北九州記念で1番人気(5着)。これはさすがに荷が重かったが、差がない競馬はしていた。あらためて見直す。

アドマイヤゴッドは、サマージョッキーズシリーズでポイント1位の北村友が騎乗。馬券圏内に突っ込んでくるか。