【一杯酒場】 東京・東十条「たぬき」

男のグルメ

【一杯酒場】 東京・東十条「たぬき」

2017/12/07

【一杯酒場】 東京・東十条「たぬき」

名物・串カツやインパクトメニューに大満足 撮り鉄たちの集まる線路沿いの名酒場

東十条駅北口すぐの大衆酒場「たぬき」は、いくら時間があってもキリがないほど語りどころの多い名店だ。「ボリュームと他店にないアイデアでお客様に驚きを!」をモットーに日々増殖を続ける膨大なメニューが最大の特徴。名物は数かぎりないが、昭和60年の開店当初からの看板商品が、豚肉と玉ねぎをこんもりと串に刺し、長年継ぎ足しで育てられてきた二度漬け禁止のソースでいただく「串カツ」。店主が「お客さんの手前、値段が上げられなくて」と笑って話すこちら、なんと1本60円。

切り身の厚さに誰もが歓声をあげる鮮魚類の中でも、届いたばかりのアジを水槽からすくってその都度さばく「活アジのたたき」は、驚きの歯ごたえと旨味に、ここが東京の北区であることを一瞬で忘れる絶品。

からさのランクが1〜100倍まである「チャレンジ豆腐」もただのインパクトメニューではなく、豚肉と豆腐が中華風のとろみ餡で和えられた、クセになるおいしさだ。合わせるのは、グレープフルーツ丸々1個を使った生グレープフルーツサワー「生ぐさ」が定番。

広い座敷席の窓からは駅のホーム。すぐ近所には「ひがじゅうカーブ」と呼ばれる撮影スポットがあり、全国から鉄道マニアが集まる店であったりもする。

たぬき
住所:東京都帰宅中十条3-36-16
電話:03-3906-9520
営業時間:17:00〜24:00
定休日:日、祝日の月曜