[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「キタサン1着固定の3連単勝負」

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「キタサン1着固定の3連単勝負」

2017/12/21

[片山良三の競馬予想ブログ]武豊番、片山良三の栗東ナマ情報「キタサン1着固定の3連単勝負」

いよいよキタサンブラックの最終戦。勝てば、テイエムオペラオーを抜いて、歴代最多賞金獲得馬としての勲章も手にできる。

また、社台スタリオンステーション入りは決定しているものの、種付け料は未定。というのも、最終戦を勝つか勝たないかでその金額が変わってくるからだ。

花嫁候補はすでに予約でいっぱい。種付け料はいくらでもかまわない生産者たちが押し寄せている。なんとしても有終の美を飾りたい理由は山ほどあり、「引退戦だから割り引き」という考え方は当たらない。

3着に敗れたジャパンカップをどう見るかだが、緩みのないペースで逃げてコンマ2秒差。2番手追走のディサイファ、ワンアンドオンリーが最下位とブービーにバテていることから考えても、立派な内容。

脱鞍所に引き揚げてきた時には左前の蹄鉄がなくなっており、ビデオと写真を検証した結果は、ゴールまでは蹄鉄がついていたことが確認できても、緩んでいたとしたら小さくない不利だったとも思われる。つまり、負けて強しの内容だったと結論していい。

筆者は、むしろ天皇賞・秋、ジャパンカップと連勝してきた時には、有馬記念のキタサンブラックを疑うべきと思っていたのだが、この流れならキタサンブラックの強さを全面的に信用したい。武豊騎手とコンビを組んで、これが12戦目。集大成を見せてくれるものと期待して本命を打つ。3連単の首位固定で買う。

シュヴァルグランは、キタサンブラックに2勝5敗。初めて先着したのが今年の宝塚記念で、シュヴァル8着、キタサン9着。これでは勝ったことにもなってはいないので、ジャパンカップで初めて溜飲を下げたと言ってもいい。ただし、中山は去年の有馬記念の6着が唯一の戦績で、条件はよくなっていない。

それならミッキークイーンを狙いたい。脚元に弱みがあって、思ったようなローテーションを組めない馬だが、仕上げ八分のエリザベス女王杯で一気に伸びてきた脚はさすがのひと言。「一度実戦を叩けていれば‥‥」という浜中のコメントを思い出せば、絶好の狙い目だろう。

スワーヴリチャードの若さも魅力だが、右回りにまだ課題を残している。中山コースにイメージがしっくりくるヤマカツエースの大駆けに注目したい。