吉原のソープ

吉原のソープ

涌井真希

soap

ローテンブルク
  • 涌井真希(34)
  • T160 B88(G) W59 H86
  • 12:00~17:00

かえで

soap

秘書室
  • かえで(21)
  • T168 B98(H) W58 H88
  • 12:00~20:00

綾瀬はな

soap

プレジデントクラブ
  • 綾瀬はな(32)
  • T165 B90(F) W59 H90
  • 10:00~17:00

幸

soap

スウィートキッス
  • 幸(25)
  • T158 B90(F) W58 H86
  • 19:00~23:00

ひなみ

soap

セグレターリオ
  • ひなみ(21)
  • T160 B98(H) W57 H84
  • 10:00~21:00

島谷薫

soap

ハールブルク
  • 島谷薫(32)
  • T157 B84(C) W59 H86
  • 13:00~20:00

しずく★

soap

恵里亜
  • しずく★(35)
  • T152 B83(C) W57 H84
  • 16:00~22:30

結城加奈

soap

プレジデントハウス
  • 結城加奈(45)
  • T162 B88(D) W58 H89
  • 10:00~16:00

ゆりな♪

soap

プリティガール
  • ゆりな♪(23)
  • T160 B88(E) W57 H89
  • 11:00~20:00

ひめか

soap

ムーランルージュ
  • ひめか(20)
  • T161 B88(E) W57 H86
  • 12:00~20:00

ゆりな♪

soap

D-collection
  • ゆりな♪(23)
  • T160 B88(E) W57 H89
  • 11:00~20:00

星崎わかな

soap

G-BODY
  • 星崎わかな(23)
  • T152 B102(I) W58 H87
  • 16:00~23:30

ふぶき

soap

コスパラ
  • ふぶき(20)
  • T152 B82(C) W55 H80
  • 12:00~22:00

みつは

soap

アリスカフェ
  • みつは(21)
  • T148 B83(D) W55 H82
  • 12:00~20:00

るりか

soap

SakuraSpa
  • るりか(23)
  • T150 B86(E) W56 H85
  • 19:00~23:00

こはる

soap

  • こはる(22)
  • T156 B84(E) W57 H85
  • 10:00~18:00

音羽

soap

アカデミー
  • 音羽(20)
  • T156 B84(E) W57 H90
  • 11:00~17:30

みか

soap

CLUB貴公子
  • みか(22)
  • T153 B86(D) W58 H85
  • 12:00~20:00

若槻★

soap

クラブ夢
  • 若槻★(20)
  • T150 B120(I) W60 H90
  • 12:00~19:00

西城★

soap

東京夢物語
  • 西城★(20)
  • T157 B88(F) W58 H86
  • 18:30~22:00

さくら★

soap

エヂンバラ
  • さくら★(22)
  • T153 B92(F) W57 H82
  • 10:00~17:00

吉原・浅草エリアのタウン情報吉原・浅草エリアのタウン情報

江戸時代、幕府公認の遊郭として日本橋に誕生した吉原遊郭。1657年明暦の大火によって消失して以降は浅草日本堤に移転している。敷地面積およそ2万坪、最盛期には数千人の花魁、遊女がいたとされる日本最大級の規模で、諸国大名が集うサロン的な場所でもあった。1957年売春防止法の施行により300年あまり続いた吉原遊郭は終焉を迎えるが、一部はトルコ風呂=ソープランドに転進し現在も日本一のソープ街として栄えている。
吉原という地名は地図になく、アクセスは地下鉄日比谷線三ノ輪駅から徒歩で10分ほどの台東区千束周辺。目当ての店があるならばJR山手線鶯谷駅などから電話一本で送迎もしてくれる。通りには案内所を兼ねた喫茶店が点在し、マスターから予算に合った店を紹介してもらうこともできる。相場は総額1万円からの格安店から、3、4万円程度の大衆店、10万円超の高級店まで幅広く、様々なニーズに対応している。名所は吉原大門交差点にある「見返り柳」。帰り道、後ろ髪をひかれる思いで遊郭を振り返ったことから名付けられた。
グルメスポットは明治創業、有形文化財指定の建物も風流な天麩羅の「土手の伊勢屋」、桜なべの「中江」が有名。当時は乗ってきた馬を売って登楼の軍資金を得たという逸話が残るほどで、馬肉料理は吉原の名物だった。
付近には吉原の廓に生きる14歳の少女を描いた「たけくらべ」で知られる樋口一葉の「一葉記念館」や、酉の市で知られる鷲神社もある。毎年4月の「浅草観音うら一葉桜まつり」では、艶やかに着飾った太夫が街を練り歩く「江戸吉原おいらん道中」が行われており、往時の姿を今に見ることができる。