[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「函館1200メートルは距離短縮馬が激走」

ギャンブル

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「函館1200メートルは距離短縮馬が激走」

2017/06/15

[亀谷敬正の競馬予想ブログ]亀谷敬正の一攫千金穴馬ドリル「函館1200メートルは距離短縮馬が激走」

ここ数年の函館芝は、以前よりも速い時計が出るようになりました。年々高速化する馬場の影響で、今週末に行われる重賞レース・函館スプリントSは、去年も1分7秒8のレコード決着。馬場の変化の影響で、走る馬のパターンも変わってきました。

例えば函館芝1200メートルは、ここ数年「距離短縮馬」が走りやすくなっています。時計が出る馬場になった影響で、以前よりもパワーの要素が減り、マイルで発揮されるような伸びのあるスピードが発揮しやすくなったことが影響しているようです。

昨年の函館スプリントSも「前走1400メートル以上」を走っていた「距離短縮」の馬が1〜3着を独占。昨年の夏の函館芝1200メートル全レースを対象にしても、前走1400メートル以上を使っていた「距離短縮」の馬は単勝回収率215%、複勝回収率123%でした。

特に狙いたいのは、前走でボロ負けしていた馬です。「距離短縮」で馬券になった馬のうちの50%は「前走10着以下」。該当馬の複勝的中率は20%。単勝回収率384%。複勝回収率175%と超大幅プラス収支でした。

これは距離短縮馬に限らないことですが、函館芝1200メートルで走る血統の特徴は、ダート適性も高いタイプというのがポイント。

去年の1〜3着馬の父ダイワメジャー、キンシャサノキセキ、キングカメハメハは、当時ダートのランキングで10位以内の種牡馬。15年の人気薄2、3着馬の父クロフネと、14年1着ガルボの父マンハッタンカフェも同様です。

また、父か母父が1400メートル以下のスピード競馬に適性があるノーザンダンサー系が走りやすい特徴もあります。

ジューヌエコールの父はクロフネ。当レースでも実績があり、芝1200メートルGⅠの勝ち馬。芝1200メートル重賞の勝ち馬も複数出していて、なおかつダート適性も高い種牡馬です。

育成するのは、芝1200メートルのGⅠ勝ち馬を何頭も育てた安田厩舎。クロフネ産駒でも芝1200メートルのGⅠを勝っています(カレンチャン)。

ホッコーサラスターも距離短縮組。父はダート適性が高く、短距離適性も高いヨハネスブルグ。母父ダンシングブレーヴは距離短縮で激走する血統です。


◆プロフィール 亀谷敬正(かめたに・たかまさ)専門誌などでカリスマ的人気の若手血統馬券師。HPはhttp://www.k-beam.com 推奨レース、期待値の高いデータ満載の出走表も配信中。コンビニのコピー機でも予想を配信(Eプリント 亀谷で検索)。