ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.293 鶯谷・人妻デリヘル 濃厚プレイが得意の「聖欲旺盛熟女45歳」騎乗位素股を堪能

ふーぞく探偵

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.293 鶯谷・人妻デリヘル 濃厚プレイが得意の「聖欲旺盛熟女45歳」騎乗位素股を堪能

2020/03/26

ふ~ぞく探偵ハラ・ショーが行く 報告書No.293 鶯谷・人妻デリヘル 濃厚プレイが得意の「聖欲旺盛熟女45歳」騎乗位素股を堪能

清潔で上品なのに淫乱。容姿端麗な30代・40代のセレブ系人妻とフェティシズムあふれる濃厚な時を過ごせる淫乱人妻専門店が鶯谷に。麗しき人妻たちの淫らにあふれる「愛」を徹底捜査してきた。


「当店は『バリアフリーデリヘル』として丁寧な接客を心がけています。体の不自由な方でも安心してご利用いただけますので」

そう話すのは、鶯谷・人妻デリヘル「愛ラブ愛」(03-3876-8828/7時~LAST/60分1万5000円~ ※下記のアサ芸風俗「風活プラン」を使うと80分1万8000円の特別コースが楽しめる)の店長さん。

つまり、今回のお店はバリアフリーな淫乱人妻専門店なのだ。確かに、あまり聞いたことがない。

ホテルに到着した大島さんは、小柄で妖艶な雰囲気を漂わせながらも、とても明るい性格をした熟女。話題は、さっそく新型コロナウイルスに。

「影響ありますよ。よそのお店の女の子も『暇している』って言っていたから。でもあれ、マスコミが騒ぎすぎですよ」
「そもそも濃厚接触を恐れていたら、仕事にならないもんね」
「私、昔から手洗い、うがいの習慣があったけど、今はとても真剣にやるようになった。自分のためにも、周りの人のためにも」

大島さんはもともとごく普通の専業主婦。30半ばで離婚したあと、しばらくしてから、この仕事を始めた。

「彼氏ができると離れていたから、ずっと、というわけではないんですけれど」
「彼氏ができると、どんなテクニシャンのお客さんよりも彼氏のほうがよくなっちゃうの?」
「そこは下手でも我慢しないと。お客さんが彼氏になってくれるわけじゃないから」

いやいや、意外にその座を狙っているお客もいるかもしれない。

実はこちらのお店、淫乱人妻専門店を売りにするだけあって、無料オプションがとても充実。ノーパン、コスプレ、ソフトSM、イメージプレイ、顔以外の写真撮影、即尺、ゴックン、オシッコ、前立腺責め、マザコンプレイ、潮吹き、オナニー観賞が無料なのだ。

「かなり変態っぽいプレイも含まれているけど、大丈夫なの?」
「慣れれば、頭の切り替えができるから平気ですよ。『この方はこういうのが好きなんだ。だったら、最高に楽しませてあげよう』ってなる」

そんな頑張り屋の大島さんのお相手は、意外に女装好きが多かったりする。鶯谷の駅で着替えた瞬間、完全に女性になり、ホテルでしおらしく待っている。最初はかなり驚いたが、今はそんなお客のニーズがつかめたという。

「犯してほしいんですよ。女性扱いされて、強引に」
「そういう時に『もっと優しくして~』とか言うんですか」
「言いますね。『オ〇ンチンが気持ちいいでゅう~』とか『お尻の穴、もっといじめてくだちゃ~い』とか。かわいいですよ」

奥さんとか彼女には絶対に見せられない姿、性癖をここで発散することでストレスを解消、明日への活力を得ているのだ。なるほど、このお店で心もバリアフリーになっているわけか。

「私も嫌いじゃないですから(笑)。昨日は眼鏡フェチの方がいらして。ふだん、眼鏡をかけていると言ったら『眼鏡をかけてプレイしてほしい』って」
「眼鏡をかけた女性に、チ〇コを見られたいんだ?」
「あら、よくわかりましたね」

そんな大島さんが唯一苦手とするのが、プライベートでやった拘束プレイ。

「目隠しされて手も縛られて、そのまま放置されたら落ち着かなくて、ただ変な汗をかくだけでした」
「濡れないで、汗だけ出ちゃった?」
「そう。なので私、縛られるのはNGです」

向かい合うと、ズボンと一緒にパンツも引き下げられた。

「あらっ、舐めやすそうなオ〇ンチン(笑)」

いきなり口に含んで、モグモグタイム。まったりとした温かさが伝わってくるのが実に心地よい。ともに全裸になり、浴室で体を洗ってもらうと、一緒に浴槽のお湯につかった。

「オ〇ンコに指、入れてもいいんですよ」

後ろから抱くように大島さんの若々しいオッパイの感触を楽しみつつ、本人いわく「熟成されたオ〇ンコ」に指を潜らせる。

熟女特有の滑らかな柔らかさを楽しんでいると、「舐めて~」とリクエストが。応えて舐めると、しっかり熟成された牝のウマミ成分が舌に染みた。

「あ~ん、そこ、そこ~、いっぱい舐めて~」

ベッドに移ると、上にきた大島さんがささやく。

「今日は、私が気持ちよくしてあげる」

お言葉に甘えて受け身に徹することに。すると、首筋から耳の中、胸元へいやらしく舌をはわせたあと、乳首に吸いついてきて、舐めしゃぶり甘がみする。

「ほら、オ〇ンチン、もうピクピク反応しちゃっている(笑)」

巧みな舌遣いで脚の付け根を刺激したあと、屹立したモノの裏筋を何度も舐め上げ、タマをすすった。

「脚、上げてください」

期待どおりのアナル舐めが始まり、とろける快感が押し寄せた。

「どう、気持ちいい?」
「はい、いつもより感じちゃいます‥‥」
「じゃあ、こっちもいってみる?」

熱く膨らんだモノを喉奥まで深く飲み込むと、チュバ、チュバと卑猥な音を立てながら激しく唇を反復させる。しかも、時折、アナルを刺激しながら。

「これやると、勃ちがよくなるのよね」

そのまま69に移り、互いの股間をいじり合う。目の前に差し出されたアソコを指で広げると、楕円状の肉ビラが割れて、鮮紅色の襞があらわに。その奥では、小さな楕円のくぼみがヒクヒクと息づいている。

「この年になっても、オ〇ンコ見られるのって恥ずかしいの」
「すてきですよ、人生の年輪を感じさせて」
「そう言われると、ホッとする‥‥。では、おじゃまします」

ローションまみれのアソコを裏筋に押し当てて、円を描くようにグラインドする騎乗位素股。柔肉に包み込まれたような、得も言われぬような気持ちよさ。

「こうやって、先っちょだけこするのも気持ちいいでしょう?」

中腰になって先端部分だけをすばやくすりたてる。

「あっ、感じる~。イッちゃいそう~」
「まだダメ、私も気持ちよくさせて」

すると硬直したモノをクリへこすりつけるように腰を揺らしだした。

「こうやるとオ〇ンコが気持ちいいの~、オ〇ンチンも気持ちよくなって~」
「もう気持ちよくなっていま~す。あ~ん、もうイッちゃう~」

たまらず放出すると、すぐお掃除フェラ。まだシビレの残るモノを、時間をかけてキレイにしてくれた。

「いっぱい舐めると、最後にティッシュで拭いても付かないの」
「‥‥本当だ、全然付かない」
「長く生きているといろんなことを覚えるのよ。記念にオ〇ンコの写真、撮っていく?(笑)」


○チェックポイント
さすがバリアフリーデリヘルをうたうだけのことはある。基本こちらは寝ているだけだというのに、そのテクニシャンぶりで瞬く間にイカされてしまった。しかし、これは淫乱濃厚プレイのほんの一部にすぎない。豊富な無料オプションでプレイバリューはさらに広がるので、お試しあれ。

大島(45)T151、B84(B)・W60・H88
小柄スレンダー熟女は「いつでもどこでも性欲旺盛」が売り。受け身も攻めもOK、お客さんとのドエロな濃厚プレイを楽しんでいるという。


愛ラブ愛

愛ラブ愛 (鶯谷発~23区)